借金の返済が難しく、借り入れを繰り返し自転車操業をしているという場合、この状況を解決する為に債務整理を行う事をお勧めします。
債務整理を行う事で借金の問題は解決できますし、これ以上状況を悪化させてしまう事はありません。

 

一般的に債務整理を行う場合は、弁護士や司法書士に申請を依頼します。
どちらも債務整理を手掛けてはいるのですが、はやり司法書士よりも弁護士にまずは相談しましょう。

 

なぜ司法書士より弁護士に相談した方が良いのかというと、弁護士と司法書士では取り扱える借金額に違いがあるからなんです。

 

弁護士はどれだけ借金があっても、その問題を手掛ける事が出来ますが司法書士の場合は、140万円以下の借金でないと債務整理の交渉を行えません。
自己破産の場合は140万円以上の借金がある方が、大半ですから最初から弁護士に相談した方がスムーズに、借金を整理できると言えるでしょう。

 

また、140万円以上の過払い金が合った場合も、司法書士は過払い金の返還請求を行えない為、完済したけれど払い過ぎているのでは?と感じている方も、
まずは弁護士に相談する事がお勧めです。

 

このように弁護士と司法書士では、取り扱える金額に違いがあるので、まずは弁護士に相談した方がメリットが多いと言えるのです。