多重債務者等が債務の支払いを軽くする債務整理ですが、その債務整理にも費用がかかるけどかからないと言うのがあります。

 

自分で行う事を前提としての費用ですが、一番費用がかからないのが任意整理、これは公的機関を通さない為、書類を取り寄せる費用、裁判所に支払う費用がないため一切かかりません。

 

強いて言うなら債権者と交渉する際の電話代か直接債権者と交渉する場合はその交通費程度です。

 

特定調停は裁判所仲介のもと行う任意整理の為、裁判所に支払う収入印紙代、内容証明を債権者に送付するための費用がかかります。それでも総額1万前後と安く出来ます。

 

個人再生至っては、印紙代、官報掲載費用でおよそ2万円程度、郵便切手代が1600円、そして個人再生には裁判所から個人再生委員と言うのが選出され、個人再生に向けた債務の減額について審理する人がいますので、その人に支払う報酬がおよそ25万程度かかります。

 

そして自己破産です。

 

自己破産も自分で行う方が費用はかかりません。

 

かかる費用は収入印紙代1500円、予納郵便代がおよそ5000円程度、そして予納金が20000円かかるため、概ね20000から30000程度を見ておいた方が良いと思います。自己破産が決定してもし管財人が選出された場合、その管財人に支払う報酬も約30万ほどかかります。

 

では、債務整理2回目の場合の費用や手続き等、どうしたらいいのでしょうか。