債務整理とは【本当に借金を解決できるの?】

債務整理をすると借金の額が減るか、借金自体が帳消しになります。これは選択した債務整理の方法によって異なります。

 

自己破産を選択すると、免責許可が下りた場合は借金を一切払わなくても良くなります。一切の負債が残らないので新たに貯蓄を始めることも可能になります。

 

個人再生の場合、債務の額は5分の1になります。そしてこの債務を3年にわたって返済していくことになります。

 

支払額は再生計画において綿密に審査されているので、無理な額が課されることはありません。

 

特定調停と任意整理の場合は、どれだけ債務を減らすことができるかは交渉の結果次第です。
特定調停の場合、調停委員の能力と知識、任意整理の場合はあなた自身もしくは依頼した弁護士の能力によって結果が大きく変わってきます。

 

よくあるケースとしては、これまでの金利支払い分を元本の返済に充てたとして再計算し、残りの元本を返済するというものです。

 

債権者には、金利を一切取れなくなる代わりに元本がきちんと返ってくるというメリットがあります。また債務整理に付随して過払い金の返還請求がされることもあります。

 

これは払い過ぎた金利の返還を求めるもので、過払い金が多い場合には借金を完全に返しきったうえでまだお金が返ってくることもあります。

 

個人再生デメリットはこちらでチェック